読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガルトラで遊ぼう

ガルトラ、プログラミングについてのブログです。月に4投稿ぐらいのペースでやっていきたいと思います。

初めてのOSS活動

プログラミング

私がよく使用するOSSにBeegoというものがある。これはGo言語製のWeb Frameworkで非常にシンプルにWEBアプリの作成ができると感じている。語弊があるかもしれないが雰囲気的にはRailsに近いと思う。Beegoについては別の機会に詳しく触れたい。今回はBeegoのCLIツールBeeに対しての話題だ。このツールで初めてOSSプロジェクトのコントリビューターになれた。この記事はその回想録である。

beeについて

beeとはbeegoによるアプリケーション開発を簡単に行えるようにするためのCLIツールである。railsコマンドのようなものと思ってもらえればよい。beeにはLiveReload機能等が備わっておりbeegoでアプリ開発を使って損はないツールだ。

バグを踏む

ある日、beeツールにdockerizeコマンドが追加されたことに気がついた。このコマンドはDockerfileを作成してくれるものだ。これはDockerfileを億劫に感じていた私にとっては願ったりかなったりの機能だった。喜び勇みツールをアップデートした私は早速コマンドを実行した。しかし、問題が起きた。docker build時にエラーになってしまうのである。これには参った。原因を突き止める必要がでてきた。

解決はしたが・・

果たして原因はすぐに分かった。生成されるDockerfileにまずいところがあり、godep install実行時にエラーとなってしまうのである(細かい内容は避ける)。Dockerfileの問題の箇所を修正し再度buildしたら動きだした。ひとまずの問題は去った。しかしである。これはチャンスだった。かねてから私は何かOSS活動に携わりたいと考えていた。しかし、ソースコードを読む気概はなく、新機能の作成も夢のまた夢、リファクタリングも自信なし、ドキュメントを書こうにも文章力に課題があった。そこへ今回のバグである。ある意味願ったりかなったりであった。

コントリビュータに登録された

バグ自体は簡単な修正だった。Dockerfileのテンプレートを修正するだけで良い。1行で終わる。しかし、その後が大変だった。なにせ私はプルリクエスト自体が初めてであった。そもそもやり方がわからない。私は以下のリンク等を参考にし慎重にプルリクエストを書いた。
GithubでOSSのPull Requestを作成してマージしてもらう手順

コード修正は一瞬だったが、とにかくその後の作業に多くの時間を割いた。テストを行いデグレを起こしていないか確認した。コミット前後の差分を確認した。コミットログのわかりやすさや、英文法の誤りがないかは念入りに確認した(ほとんどGoogle翻訳に頼ったが・・・)。もうこれ以上はないほどの確認を行い、恐る恐るプルリクエストを出した。しかし、一瞬のうちにマージされた。少し拍子抜けしたがやはり嬉しく思わずTwitterにつぶやいたほどであった。

まとめ

終わってみればものすごいあっさりしていた。実際にOSSにプルリクエストを送る前はそれは、本当に実力のある一部の人たちにしかできないことだと感じていた。しかし、今回のような簡単なバグフィックスでもOSS活動に携われることを身をもって体験できた(そもそもOSSでバグを踏むこと自体初めての体験だった)。これからもBeegoを使う機会は多い。なので新規の機能等がリリースされたら積極的に使用し、バグフィックスという形からOSS活動を行いたい。

ガルトラルーチン

放課後ガールズトライブ

週間を身につけるということは有意義な人生を送るために必要なことである。それはソーシャルゲームでも同じことが言えるだろう。
例えば、毎日のログインするだけでボーナスポイントは10ポイントもらえるとする。それだけでは僅かな報酬だが、365日続ければ3650ポイントもらえることになる。これはゲームにもよるが約2万円分のポイントになることもある。

毎日のルーチンを決めよう

長くガルトラを楽しむためには、毎日やる習慣を作るのがいいだろう。あらかたのストーリーや、イベントミッション、武器・コスチュームの育成が終わってしまったら毎日やるべきことは以下の3つであろう。

  • ログインボーナス
  • デイリーチャレンジ
  • ログインボーナス

今から順に見ていく。

ログインボーナス
毎日10ジェム、7日目に30ジェムがもらえる報酬だ。忘れないようにかならずもらっておこう。日付けが変わるのは毎日AM0:00だ(現実世界では当たり前だが、ソーシャルゲームでの日付け変更が現実と違うのはたまにある)。

デイリーチャレンジ
出撃回数、アリーナでの戦闘などの7つの条件をこなすことで毎日もらえる報酬だ。重要なのは全てのデイリーチャレンジをこなすと貰える10ジェムだ。これも毎日欠かさず貰おう。また、アリーナで戦闘することで絆ポイントが50もらえる。これを利用すれば毎日絆ガチャの単発が1回引けることになる。懐事情が厳しく石の課金ができない場合は、この絆ガチャを利用してガチャをしたい欲求を満たそう。

親密度アップ
毎日、ショップ「アリーナ」でプレゼントが5個買える。これをキャラに渡すことによって、親密度を上げることができる。これを毎日行おう。親密度を上げることでキャラ毎のエピソードが解放される。全てボイス付きのエピソードだ。また、猫耳装備や鑑賞モードでのポーズなども解放される。ガルトラを楽しむためには必要だ。
5個全てのプレゼントを渡せばだいたい120ポイントほど親密度が上昇する。

私の一日について

私は朝起きたらまずガルトラを起動しログイン報酬をもらう。その後イベントミッション・アリーナでの戦闘をオートでこなしながら軽い運動と朝食を取る。朝食を終えたら絆ガチャを一回引く。最後に、武器とコスチュームを強化する。これでデイリーチャレンジはクリアだ。全部で30分もかからないだろう。私はこれを年始から続けている。ログインボーナスと合わせると代替1200個になる。これは、ジェムショップでの石の値段が1700個9800円ということを考えると代替6000円分になるだろう(もちろん、重要なのはその石でガチャを引きいい武器・コスチュームが引けるかだが・・・)。
ログイン報酬、デイリーチャレンジを無事獲得できたら次はショップでプレゼントを購入しキャラに渡す。渡すのは大抵コスチュームをもっておらずミッションでの親密度アップが困難なキャラだ。そうすることで一日のルーチンは終わりだ。1時間もかからない。 ここに、上げたのはあくまで私の例である。例えば、複数のソーシャルゲームを掛け持ちしているのであれば、時間がとれないのであればログインボーナスだけにしても良いと思う。また、アリーナ上位を目指すために、アリーナでの戦闘回数をルーチンに追加してもいいだろう。しかし、あくまでルーチンは毎日の目標として定めるのであって、決してルーチンに縛られるようなことはないようにしよう。あまり頑なにルーチンを守りすぎると柔軟な行動がとれなくなる恐れがあるからだ。大事な約束をソーシャルゲームをしていたせいで破ったりしたら社会的信用は地に落ちてしまうだろう。

beegoにてローカル確認用のファイル配信サーバーを書いてみた

プログラミング

開発中にいつも気にしてしまうことがある。それは開発費である。AWSでEC2のインスタンスを立ち上げればその時から時間ごとに料金が発生するし、ETSを使えば分毎にエンコード料金が発生する。静的ファイルをS3、Cloudfrontにおいているならページアクセスごとに通信料が発生する。これはごく僅かなコストだが費用がかかることには間違いなく、もし動画に修正が入れば前回エンコードした動画は破棄しなければならなくなる。はっきり言って無駄でありできればなくしたいと考えた。

ちりも積もれば・・・

正直いって私はもともとお金に関して気にしすぎる性格である。特にランニングコストに関しては人並み以上に気にしてしまう自覚はある。
ある時、AWSの請求書を見たときのことである。そこではCloudfrontの使用料金が月7ドルとなっていた。正直いって絶望するほど高くはない。しかし、まだ開発中の段階で発生した料金である。仮に1年間毎月の開発費としたら年間8400円。10年続ければ8万4千円だ。これを高いとするか、安いとするかは個人的な感覚ではあるが(おそらく安い方だとおもわれる)私は仮に10年後に8万4千円もらえるのであれば今から対策を考えるのもありだと思う。

自分でローカル確認用のサーバーをたてようと考えた

通信費を軽減するためにローカルで確認するためのファイル配信サーバーを作ることにした。仕様はごく簡単で、S3やCloudfrontのようにURLのパラメータを用いてファイルを返却するだけである。ソースコードは以下のリンクより見ることができる。

Githubのリンク(scrpgil/localfront)

フレームワークにはbeegoを使用した。これは気にって使っているGo言語製のフルスタックなフレームワークであり、簡単なWEB APIをかくのに適している。また静的にファイルを返却するだけならnginxなどでも可能だと思うが、勉強も兼ねて、また今後なにか機能を追加したりすることも考えてbeegoを使用した。

結果的に・・・

思い立って作成してみたがあるとなかなか便利ではある。ファイルをアップロードする手間が省けたし、HLS形式の動画配信もローカルでできる。何より自分で作ったことで動作が把握できてるのがよい。何か追加の機能が欲しくなったときにも追加実装が簡単に行えそうである。正直いって実装にかけた時間はほんのわずかだが思い立って行動してよかったと思っている。

Blog執筆環境としてGitbookを使い始めた

私がブログを書き始めたのはここ最近のことだが実のところ執筆環境は早いところどうにしかしなければっ!と思っていた。
というのもOneNoteで執筆をしていたのだが同期処理が段々と遅くなってきており最近は少し書くごとに止まってしまうと行った始末だった。
かくしてブログ執筆環境を模索することとしたが思いの外速く決まった。結果的にGitbookを使おうと思う。

私は執筆環境になにを望んでいたか?

改めて私が執筆環境に何を望んでいたかを振り返る

リモート環境へのデータ保存

今の時代、ローカルだけにデータが保存されているというのは信頼性の観点から不安である。
そのため、データは出来る限り信頼できるサーバにも保管したい。
また、リモート環境に保存できればPC、スマートフォンのどちらからでも文章の確認ができるため、出かけ先で少しめもしたいときにも有効である。

ローカル環境

上記とは矛盾するようだが、ブログ執筆自体はローカルの環境で行いたいという気持ちがあった。
というのも私の自宅のネット環境はWiMAX2であり、これが低速回線になるとどうにもこうにも遅い。
そのため、ネット接続の必要がないローカル環境でのブログ執筆というのはかなり重要であった。

エディタが優秀であること

これは文章を書く上で重要である。エディタが使いづらいものであればそもそも書くこと自体が大変になってしまうからである。

上記の内容をまとめるとOneNoteというのはすべてを満たしていた。OneDrive上にデータの保存ができるしネットが繋がらないローカル環境でも動作が可能である。
また、Word等を作成しているMicrosoftの製品とだけあってエディタはかなり優秀であった。
ただ一点使い続けていくうちにだんだんと重くなってしまったのが難点である。

Gitbookの何が気に入ったか?

Gitbookを最初に知ったのは電子書籍の執筆環境を探していたときである。これがなかなか良い。
まずリモート環境へのデータ保存だがGithubやBitbucket上に保存が可能だ。git pushで行えるのも良い。私はコンソールを眺めている時間の方が多いからである。
おなじくしてローカル環境の問題も対処されている。Gitにて文書ファイルを管理すればいわゆる分散リポジトリの考え方がそのまま適用できる。決してリモートのリポジトリに繋がずとも作業が進められるのである。
エディタはvimがそのまま使える。vimは軽いし、早いし、プラグインさえ設定すればファイラーや校正の機能を付加することも可能である。
まだ、使い始めたばかりでありこれから何か不満がでてくるかもしれない。が、しばらくはGitbook+bitbucket+vimの組み合わせでブログ執筆を行おうと思う。

問題はないか?今後の展望

実のところまだスマートフォンからの文書校正を行えるようにはしていない。Bitbucketのクライアントとしてcodebucketなるものがあったので試したがプライベートリポジトリを操作するのは有料であったからだ。これについては今後、代替アプリを探すor自ら作成するしかない。
文書校正に関してもまだプラグイン等の導入にはいたっていない。これについても今後導入するのでなにかトピックスになりそうだったらブログに書こうと思う。

胡桃誕生日イベントの振り返り

f:id:scrap_girl:20170225200251j:plain 〜なぜだかジト目のイメージが有る〜

2月22日は胡桃の誕生日だ!おめでとう!

ただ、始まる前の認識はガチャチケットが一枚もらえる。プレゼントを上げればさらに何かもらえる。ぐらいの感じにしか思っていなかった。だって今までの冬芽さん、メイシェンがそうだったんだから・・・。それが今回の誕生日イベントは私が思っている以上にたくさんのイベントが行われた。

・これまでの誕生日イベント

自分にとっての過去の誕生日イベントを振り返りたい。

まずは冬芽さんの誕生日イベント。こちらは12月25日、クリスマスだった。まだサービス開始してから3日目だ。当時は「おっ、こんなイベントもあるのか」ぐらいに思っていた。 ただ、レアガチャチケットからは冬芽さんのメイドEXが出た。やったね!

次はメイシェンの誕生日だった。こちらは星3の巫女がでた。残念。

2つの誕生日イベントに参加して思ったのはちょっと寂しいかな。という印象だった、なにせレアガチャが一枚もらえるだけ(はずれたらなおさら寂しい)。その他にはお知らせ内にキャラクターのメッセージがあるだけであり、過ぎ去ってしまっては後は何も残らないと言った感じである。

そして、今回の胡桃の誕生日イベントも同様のものになると思っておりあまり期待はしていなかった。

・今回の誕生日イベント

しかし、今回の誕生日イベントは違った。出だしも前日のガルトラTVのなかで大々的に取り上げられた。

イベント自体も単にレアガチャチケットがもらえるだけではなかった。

具体的にになにが行われたのか以下に振り返る

  • レアガチャチケット
  • 誕生日限定ミッション
  • 誕生日限定スチル
  • 誕生日限定ミニエピソード(スチルに付属)

改めて振り返ってみても今回はイベントが多い。誕生日限定スチルはもちろん嬉しいしそれにミニエピソードまでついてくるとは驚きだ。

驚きと同時に思ったのはやはり嬉しさである。

レアガチャチケットももちろん嬉しいがやはりそれよりも公式による各キャラの掘り下げがあると嬉しい。そう考えると誕生日というのはキャラクターにとって重要なイベントである。

誕生日なんてのはアニメではまるまる一話使うぐらいのイベントだ。それだけキャラクターを掘り下げる上では重要なんだと思う。そう思うと今回のイベントは今後ガルトラをプレイしていくなかで重要なものだと思う。この路線で行けばこれからの誕生日イベントも同様の内容が期待できるからである。それは一年間で20回楽しみなイベントが増えるのと同等のことだと思う。

f:id:scrap_girl:20170225202031g:plainTwitterにアップした写真〜

Twitterガルトラバレンタインイベントの振り返り

放課後ガールズトライブ

f:id:scrap_girl:20170218231646j:plain

放課後ガールズトライブはキャラゲーだと思う仮に今はそうでなくてもそうあるべきだと思う私自身ガルトラに対してキャラゲーとしての要素を求めているPixivでガルトラの二次絵を見たいと思うニコニコ動画でガルトラのMADMMDを見てみたいと思うコミケでガルトラの二次創作が書かれると嬉しいと思っている

 

 

・バレンタインイベントの始まり

29日から213日の間Twitterにてガルトラバレンタインイベントが行われた各自鑑賞モードで自分の推しキャラを撮影しTwitterに画像投稿するというものであった

 

私は正直なところバレンタインイベントもガチャの追加であろうと考えていたためこのイベントは純粋に嬉しかったゲーム外でもこのようなイベントが欲しかったしTwitterでガルトラの話題ができるのは楽しいと思ったまたこのイベントの2日前にちょうどTwitterを初めたばっかりだったのでタイミング的にもちょうどよかった

 

このイベントは運営側が毎日各キャラのベストショットを選定し当選したらそのキャラクターのイベント記念缶バッジがもらえるといったものだった私はせっかくイベントに参加するのだからこの缶バッジを手に入れようと考えたバレンタインイベントの始まりである

 

 

・推しキャラは誰か

結論から言うと私は美智留を選んだアマテラスガチャの時に引いて以来アリーナでは一線で活躍していたため愛着があったまた昔鑑賞モードを触っていた時にうまいこと写真を取れた記憶があったためである

f:id:scrap_girl:20170218231808j:plain

 〜何気なく取った一枚だが妙に印象に残っていた〜

 

今回のイベントでは複数のキャラクターで応募してもよいと記載があったしかし私は結果的に美智留のみで参加することにした他の推しキャラも思いつかなかったし何より手当たり次第に応募するのもなんとなく気が引けた自分の性格の問題だが・・・)。とにかく私は美智留の缶バッジをもらうことを目標にしイベントに参加した

 

 

・どのように写真を撮るか?鑑賞モードに悩まされる

バレンタインイベントの選考は各キャラ一日1枚のベストショットによって決まるとのことだったつまり5日間毎日参加したほうが当選する確率はあがってくるとなると当選すためには毎日参加したほうが無難であるしかしいざ初めて見ると鑑賞モードでいい写真を撮るのはなかなか難しかった

 

原因の一つは背景がスクロールに連動していないからだと思うそのためどうしてもキャラクターが浮いた写真になりがちである。また背景によっては出来の悪い合成写真になりがちな印象を受けた。鑑賞モードでいい写真を撮るにはそれなりのテクニックが必要である。

 

f:id:scrap_girl:20170218232127j:plain 〜机が邪魔してなかなか難しい〜

 

f:id:scrap_girl:20170218232155j:plain〜障害物が多くてなかなか難しい

 

 

・結局こうした

さっそく困ったがここは一つ現実のポートレート写真のテクニックを参考にすることにしたそれが日の丸構図であるこれは被写体を画面中央に持ってくるというポートレートの基本的な構図とのことだこれを利用すればキャラクターを違和感なく中央アップでとれるし背景も気にする必要がなくなるまさしく一石二鳥であるまたLIGブログによるとポートレート写真は頭が少し見切れるぐらいがいいとのことであった美智留の場合アホ毛あるためこれを少し見切れるぐらいで撮ることにした以下にバレンタインイベント中にとった写真を抜粋したいと思うアップばかりだが、いい絵が撮れた・・・と思う

 

f:id:scrap_girl:20170218232336j:plain

f:id:scrap_girl:20170218232436j:plain

f:id:scrap_girl:20170218232448j:plain

 

・当選について

最終的にイベント期間中土曜以外は写真を投稿することができた後は当選結果を待つのみであったがしかしこのイベント当選発表日が書いていなかった当初は翌日発表と思っていたため当選した段階で写真の投稿をやめようかとも思っていたしかし来る日も来る日もDMの通知はなく(ひょっとしてDMを受け取れないのでは、と思い自分に対してテストメールを送ったりもした)多少疑心暗記になりながらも写真の投稿をしていたのである

f:id:scrap_girl:20170218232521j:plain

〜毎日この画面を見る羽目になった〜

 

ついにイベント期間が終わった214日についに当選通知のDMがきた私はちょうど外出から帰ってきてちょっと横になろうかという時であったこのようなイベントに参加するのは初だったためとても嬉しかったのを覚えている

f:id:scrap_girl:20170218232805j:plain

〜DMが届いたときは本当にうれしかった〜 

 

 

・まとめと今後について

冒頭にも書いたが改めてガルトラはもっとキャラゲーとしての要素が充実してもらえると嬉しいその一つとしてもっと鑑賞モードを充実してほしい例えば戦闘ポーズや空間をそのまま鑑賞モードで使えるようにしてほしいし表情ももっと多くのものがあると嬉しいカメラによる背景画像の取り込みもあるといいと思うポケモンGoみたいにARを導入するのもありかもしれないiPhoneではPhotosへのアクセス許可確認がでる何か機能実装の予定はあるんだと思っている鑑賞モードの写真の共有方法も今のスクリーンショットを撮るようなやり方ではなくもっとゲーム自体に統合されたものがあると嬉しい

それだけの機能があれば下記にあるような流れでガルトラを楽しめるようになるのではないか?

 

1.可愛いコスチュームのイベントが開催される

2.配布ジェムまたは課金してガチャを回す

3.コスチューム覚醒のためにイベント周回をする

4.鑑賞モードで写真を撮る

5.TwitterまたはJam等にアップロードする

 

もちろん前提としてガチャで新コスチュームを引ける必要があるそのためには今みたいに星4以上確定のみという渋いガチャ率ではなく初回確定といった救済が欲しい今では欲しいキャラの欲しい衣装を手に入れる確率は低くとても怖くて課金ができないのである

 

最後になるが今回のバレンタインイベントは楽しかった私個人もガルトラのキャラ特に美智留にとても愛着が湧いたまたTwitterで他のプレイヤーの写真や推しキャラに対する思いを読むのも楽しかった今後もこの方向で様なイベントが行われてガルトラがもっと盛り上がってくれると嬉しい

はじめに

放課後ガールズトライブ

 20161222日。夜18時。私はついにリリースされた放課後ガールズトライブチュートリアルを終え一括ダウンロードを行っているところだった

 

 チュートリアルを終えた段階で既に私の興奮は最高潮に達していた美麗なグラフィック可愛いキャラデザクールなBGMそして作り込まれた世界観これは私にとって特別なゲームになるそんな期待を抱きはじめていた

 

 さて、一括ダウンロードが終わったら何から始めようか?

 どうやらメインストーリーはスタミナ消費は0のようだ明日は休みだしまずはこのメインストーリーを進められるだけ進めてしまおう当時そんなことを私は考えていたと思う

 

 ほどなくして異変に気づいた。一括ダウンロードが終わらないのである。ダウンロード開始から既に30は経っているはずだ。確か説明は10分前後のはずだ。「なにかがおかしい。

 私はネット上でガルトラの情報を探し始めた。何かトラブルが起きているのではないか。しばらくして公式Twitterよりシステム障害によりメンテナンスに入ったことが発表された。仕方がない。なにせリリース前の期待がかなり大きかったゲームだ。急なリリースによりユーザが殺到しサーバーがパンクしたといわれても納得できた。むしろ名誉なことのような気もしていた。

 

 しかし、メンテはいつ終わるのだろうか?結局、その日、メンテは終わらなかった。プレイできたのは次の日の午後であった。私は早速メインストーリーをやり初めた。予想通りのクオリティだ。素晴らしい。しかし、ロードが長い。やはりサーバが混み合っているのか?おや、ポップアップが出てきた。それは2度目のメンテナンスのお知らせだった。 

 

このブログについて

 このブログでは私がガルトラで遊んだ内容について書こうと思う。その中では以下のような内容を含む予定である。

・参加したイベントの内容

・ガルトラでの遊んだ内容

・ガルトラで起きたできごと

 

 私はガルトラで長く遊びたいと思っている。仮にソーシャルゲームとしてのガルトラが終わったとしてもゲームの続編、メディアミックス、2次創作などでガルトラというコンテンツが長く盛り上がってくれたらうれしい。そしてこのブログの記事を読んだ人がガルトラに興味をもってゲームを初めてくれたらうれしいと思う。