読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガルトラで遊ぼう

ガルトラ、プログラミングについてのブログです。月に4投稿ぐらいのペースでやっていきたいと思います。

胡桃誕生日イベントの振り返り

f:id:scrap_girl:20170225200251j:plain 〜なぜだかジト目のイメージが有る〜

2月22日は胡桃の誕生日だ!おめでとう!

ただ、始まる前の認識はガチャチケットが一枚もらえる。プレゼントを上げればさらに何かもらえる。ぐらいの感じにしか思っていなかった。だって今までの冬芽さん、メイシェンがそうだったんだから・・・。それが今回の誕生日イベントは私が思っている以上にたくさんのイベントが行われた。

・これまでの誕生日イベント

自分にとっての過去の誕生日イベントを振り返りたい。

まずは冬芽さんの誕生日イベント。こちらは12月25日、クリスマスだった。まだサービス開始してから3日目だ。当時は「おっ、こんなイベントもあるのか」ぐらいに思っていた。 ただ、レアガチャチケットからは冬芽さんのメイドEXが出た。やったね!

次はメイシェンの誕生日だった。こちらは星3の巫女がでた。残念。

2つの誕生日イベントに参加して思ったのはちょっと寂しいかな。という印象だった、なにせレアガチャが一枚もらえるだけ(はずれたらなおさら寂しい)。その他にはお知らせ内にキャラクターのメッセージがあるだけであり、過ぎ去ってしまっては後は何も残らないと言った感じである。

そして、今回の胡桃の誕生日イベントも同様のものになると思っておりあまり期待はしていなかった。

・今回の誕生日イベント

しかし、今回の誕生日イベントは違った。出だしも前日のガルトラTVのなかで大々的に取り上げられた。

イベント自体も単にレアガチャチケットがもらえるだけではなかった。

具体的にになにが行われたのか以下に振り返る

  • レアガチャチケット
  • 誕生日限定ミッション
  • 誕生日限定スチル
  • 誕生日限定ミニエピソード(スチルに付属)

改めて振り返ってみても今回はイベントが多い。誕生日限定スチルはもちろん嬉しいしそれにミニエピソードまでついてくるとは驚きだ。

驚きと同時に思ったのはやはり嬉しさである。

レアガチャチケットももちろん嬉しいがやはりそれよりも公式による各キャラの掘り下げがあると嬉しい。そう考えると誕生日というのはキャラクターにとって重要なイベントである。

誕生日なんてのはアニメではまるまる一話使うぐらいのイベントだ。それだけキャラクターを掘り下げる上では重要なんだと思う。そう思うと今回のイベントは今後ガルトラをプレイしていくなかで重要なものだと思う。この路線で行けばこれからの誕生日イベントも同様の内容が期待できるからである。それは一年間で20回楽しみなイベントが増えるのと同等のことだと思う。

f:id:scrap_girl:20170225202031g:plainTwitterにアップした写真〜

Twitterガルトラバレンタインイベントの振り返り

f:id:scrap_girl:20170218231646j:plain

放課後ガールズトライブはキャラゲーだと思う仮に今はそうでなくてもそうあるべきだと思う私自身ガルトラに対してキャラゲーとしての要素を求めているPixivでガルトラの二次絵を見たいと思うニコニコ動画でガルトラのMADMMDを見てみたいと思うコミケでガルトラの二次創作が書かれると嬉しいと思っている

 

 

・バレンタインイベントの始まり

29日から213日の間Twitterにてガルトラバレンタインイベントが行われた各自鑑賞モードで自分の推しキャラを撮影しTwitterに画像投稿するというものであった

 

私は正直なところバレンタインイベントもガチャの追加であろうと考えていたためこのイベントは純粋に嬉しかったゲーム外でもこのようなイベントが欲しかったしTwitterでガルトラの話題ができるのは楽しいと思ったまたこのイベントの2日前にちょうどTwitterを初めたばっかりだったのでタイミング的にもちょうどよかった

 

このイベントは運営側が毎日各キャラのベストショットを選定し当選したらそのキャラクターのイベント記念缶バッジがもらえるといったものだった私はせっかくイベントに参加するのだからこの缶バッジを手に入れようと考えたバレンタインイベントの始まりである

 

 

・推しキャラは誰か

結論から言うと私は美智留を選んだアマテラスガチャの時に引いて以来アリーナでは一線で活躍していたため愛着があったまた昔鑑賞モードを触っていた時にうまいこと写真を取れた記憶があったためである

f:id:scrap_girl:20170218231808j:plain

 〜何気なく取った一枚だが妙に印象に残っていた〜

 

今回のイベントでは複数のキャラクターで応募してもよいと記載があったしかし私は結果的に美智留のみで参加することにした他の推しキャラも思いつかなかったし何より手当たり次第に応募するのもなんとなく気が引けた自分の性格の問題だが・・・)。とにかく私は美智留の缶バッジをもらうことを目標にしイベントに参加した

 

 

・どのように写真を撮るか?鑑賞モードに悩まされる

バレンタインイベントの選考は各キャラ一日1枚のベストショットによって決まるとのことだったつまり5日間毎日参加したほうが当選する確率はあがってくるとなると当選すためには毎日参加したほうが無難であるしかしいざ初めて見ると鑑賞モードでいい写真を撮るのはなかなか難しかった

 

原因の一つは背景がスクロールに連動していないからだと思うそのためどうしてもキャラクターが浮いた写真になりがちである。また背景によっては出来の悪い合成写真になりがちな印象を受けた。鑑賞モードでいい写真を撮るにはそれなりのテクニックが必要である。

 

f:id:scrap_girl:20170218232127j:plain 〜机が邪魔してなかなか難しい〜

 

f:id:scrap_girl:20170218232155j:plain〜障害物が多くてなかなか難しい

 

 

・結局こうした

さっそく困ったがここは一つ現実のポートレート写真のテクニックを参考にすることにしたそれが日の丸構図であるこれは被写体を画面中央に持ってくるというポートレートの基本的な構図とのことだこれを利用すればキャラクターを違和感なく中央アップでとれるし背景も気にする必要がなくなるまさしく一石二鳥であるまたLIGブログによるとポートレート写真は頭が少し見切れるぐらいがいいとのことであった美智留の場合アホ毛あるためこれを少し見切れるぐらいで撮ることにした以下にバレンタインイベント中にとった写真を抜粋したいと思うアップばかりだが、いい絵が撮れた・・・と思う

 

f:id:scrap_girl:20170218232336j:plain

f:id:scrap_girl:20170218232436j:plain

f:id:scrap_girl:20170218232448j:plain

 

・当選について

最終的にイベント期間中土曜以外は写真を投稿することができた後は当選結果を待つのみであったがしかしこのイベント当選発表日が書いていなかった当初は翌日発表と思っていたため当選した段階で写真の投稿をやめようかとも思っていたしかし来る日も来る日もDMの通知はなく(ひょっとしてDMを受け取れないのでは、と思い自分に対してテストメールを送ったりもした)多少疑心暗記になりながらも写真の投稿をしていたのである

f:id:scrap_girl:20170218232521j:plain

〜毎日この画面を見る羽目になった〜

 

ついにイベント期間が終わった214日についに当選通知のDMがきた私はちょうど外出から帰ってきてちょっと横になろうかという時であったこのようなイベントに参加するのは初だったためとても嬉しかったのを覚えている

f:id:scrap_girl:20170218232805j:plain

〜DMが届いたときは本当にうれしかった〜 

 

 

・まとめと今後について

冒頭にも書いたが改めてガルトラはもっとキャラゲーとしての要素が充実してもらえると嬉しいその一つとしてもっと鑑賞モードを充実してほしい例えば戦闘ポーズや空間をそのまま鑑賞モードで使えるようにしてほしいし表情ももっと多くのものがあると嬉しいカメラによる背景画像の取り込みもあるといいと思うポケモンGoみたいにARを導入するのもありかもしれないiPhoneではPhotosへのアクセス許可確認がでる何か機能実装の予定はあるんだと思っている鑑賞モードの写真の共有方法も今のスクリーンショットを撮るようなやり方ではなくもっとゲーム自体に統合されたものがあると嬉しい

それだけの機能があれば下記にあるような流れでガルトラを楽しめるようになるのではないか?

 

1.可愛いコスチュームのイベントが開催される

2.配布ジェムまたは課金してガチャを回す

3.コスチューム覚醒のためにイベント周回をする

4.鑑賞モードで写真を撮る

5.TwitterまたはJam等にアップロードする

 

もちろん前提としてガチャで新コスチュームを引ける必要があるそのためには今みたいに星4以上確定のみという渋いガチャ率ではなく初回確定といった救済が欲しい今では欲しいキャラの欲しい衣装を手に入れる確率は低くとても怖くて課金ができないのである

 

最後になるが今回のバレンタインイベントは楽しかった私個人もガルトラのキャラ特に美智留にとても愛着が湧いたまたTwitterで他のプレイヤーの写真や推しキャラに対する思いを読むのも楽しかった今後もこの方向で様なイベントが行われてガルトラがもっと盛り上がってくれると嬉しい

はじめに

 20161222日。夜18時。私はついにリリースされた放課後ガールズトライブチュートリアルを終え一括ダウンロードを行っているところだった

 

 チュートリアルを終えた段階で既に私の興奮は最高潮に達していた美麗なグラフィック可愛いキャラデザクールなBGMそして作り込まれた世界観これは私にとって特別なゲームになるそんな期待を抱きはじめていた

 

 さて、一括ダウンロードが終わったら何から始めようか?

 どうやらメインストーリーはスタミナ消費は0のようだ明日は休みだしまずはこのメインストーリーを進められるだけ進めてしまおう当時そんなことを私は考えていたと思う

 

 ほどなくして異変に気づいた。一括ダウンロードが終わらないのである。ダウンロード開始から既に30は経っているはずだ。確か説明は10分前後のはずだ。「なにかがおかしい。

 私はネット上でガルトラの情報を探し始めた。何かトラブルが起きているのではないか。しばらくして公式Twitterよりシステム障害によりメンテナンスに入ったことが発表された。仕方がない。なにせリリース前の期待がかなり大きかったゲームだ。急なリリースによりユーザが殺到しサーバーがパンクしたといわれても納得できた。むしろ名誉なことのような気もしていた。

 

 しかし、メンテはいつ終わるのだろうか?結局、その日、メンテは終わらなかった。プレイできたのは次の日の午後であった。私は早速メインストーリーをやり初めた。予想通りのクオリティだ。素晴らしい。しかし、ロードが長い。やはりサーバが混み合っているのか?おや、ポップアップが出てきた。それは2度目のメンテナンスのお知らせだった。 

 

このブログについて

 このブログでは私がガルトラで遊んだ内容について書こうと思う。その中では以下のような内容を含む予定である。

・参加したイベントの内容

・ガルトラでの遊んだ内容

・ガルトラで起きたできごと

 

 私はガルトラで長く遊びたいと思っている。仮にソーシャルゲームとしてのガルトラが終わったとしてもゲームの続編、メディアミックス、2次創作などでガルトラというコンテンツが長く盛り上がってくれたらうれしい。そしてこのブログの記事を読んだ人がガルトラに興味をもってゲームを初めてくれたらうれしいと思う。